富士通/FUJITSU トナー/環境共生トナー LB319BF

環境共生トナー LB319BF 純正品

環境共生トナー LB319BF 純正品 画像
ブラック 純正 大容量
標準価格 ¥38,000 (税抜)
販売価格 ¥30,400 (税抜) ¥32,832 (税込)
納期 午後1時までの注文で 3∼4日 発送致します。
注文  FAX注文
  • 送料 0円 北海道/沖縄/離島の場合は別途送料がかかります
  • 代引き手数料 0円 お支払いは代金引換になります
対応機種 XL-9320
印刷枚数 約10,000枚
商品番号 0896124
備考 この商品は富士通の純正品です。
環境共生トナーとは、カートリッジ部分の所有権を富士通が保持し、お客様に使用済みカートリッジのご返却をお約束いただくことで、環境共生ご協力価格にて提供されている商品です。
回収依頼を行うには事前登録が必要になります。詳しくは プリンタ消耗品無償回収サービス をご覧ください。

機種 XL-9320の対応トナー 一覧

ご注文・お支払い・配送について

製品不良・保証・故障について

 使用済みトナー・ドラムカートリッジなどの回収について


当社では、販売致しました使用済みカートリッジを無料回収しております。

 1. リサイクルトナー・ドラムカートリッジの場合
  商品と一緒に、無料回収依頼書・無料回収伝票が同梱してあります。依頼書に記載されておりますFAX番号へ内容をご記入の上、FAX下さい。
  回収依頼書を無くされたお客様は、当社へご連絡下さい。当社にて回収依頼、又は回収依頼書をFAXさせて頂きます。

 2. 純正品・輸入純正品・汎用品の場合
  商品に回収依頼書等は同梱されておりません。
  商品到着後、別途当社より郵送させて頂く納品書の中に、回収依頼書を同封しておりますのでお使い下さい。
  又、純正品は各メーカーHPよりプリントアウト出来ます。そちらもご利用下さい。

 3. 回収についてのお願い
  複数個回収するカートリッジが有る場合は、1個口にまとめてご準備下さい。
  カートリッジは破損しないように梱包お願い致します。
  回収日は、ご依頼を頂いてから 約2日後 に運送会社が回収にお伺い致します。 ※ご依頼を受けた時間等により、日数がずれる場合も御座います。


※回収方法がわかりにくい場合は当社へ電話、又はメール・FAX等でご連絡下さい。当社で回収手配を致します。



 製品不良・製品保証について

・純正品・輸入品・汎用品トナー/ドラムカートリッジの保証 、不具合が発生した、弊社に具体的な内容をご連絡下さい。
・外装箱・説明書・クッション材等はトナーを使い切るまで、保管してください。不具合時に必要になります。
・トナーカートリッジには、キャノン・リコー・ゼロックス・富士通・NEC・ブラザー等々・メーカー保証書は付いていません。
・ほとんどクレームはございませんが、納品後、10日以内の初期不良に関しましては、交換にて対応致します。
・初期不良以外の場合は、不良カートリッジを回収致しまして、メーカー調査に出します。
・2〜3週間お時間をいただきます。結果は必ずご連絡致します。
・メーカー調査の結果、カートリッジが不具合品の場合、代替品の発送で対応いたします。
・トナー・ドラムは消費期限が御座いますのでご注意下さい。
・リサイクル商品のメーカー保証期限はお買上げ後、1年間になります。
・リサイクルトナーの場合、メーカーの対応も早く・通常は代替品の発送もしくは、再度・リサイクル加工してお返ししています。
 保証対象外の場合について

・工場検査の結果・トナー残料が10%以下の場合。
・使用途中に感光体ドラムに傷が生じた場合 (例)ホッチキス針の付いた、裏紙を使用してドラムにキズがついた場合。
・消費期限切れ/ 保証期間外の製品(純正/汎用品は外箱などに記載されています。リサイクル製品は1年間。)
・落下や水濡れなど、お客様の取扱い不注意によりカートリッジが壊れた場合
・お客様都合による商品の返品はお受けできません(プリンターが故障し、購入したトナーを返品したいなど)。
 リサイクル製品が原因でプリンターが故障した場合について

・ プリンター不具合が発生した場合、メンテナンス要員を呼ぶ前に、弊社へ必ずご連絡ください。
・事前にご連絡なくメーカーで修理・点検された場合の修理費用については、ご負担できない場合がございます。
・弊社が代行いたしますが、修理費用は、リサイクルメーカーが負担いたします。
・リサイクルトナーとプリンターの故障の関係を証明する書類と、修理の請求書が必ず必要です。 無い場合、修理費用の保証が出来かねます。
・プリンタ部品の消耗または印字部分以外の故障で、リサイクルトナーと関係のない場合はご容赦下さい。

このページのトップに戻る

20190412